監視カメラの特徴

目的の違いによって防犯カメラと監視カメラは違う

多くの犯罪や事件の解決に役立つようになった防犯カメラや監視カメラ。
そんなカメラの存在を見るシーンはとても多いです。
繁華街を歩けば、街の至るところで私達を見守ってくれています。
 
そんなカメラ達ですが、呼び方によって防犯カメラとか監視カメラと違います。
これは、どのように違うのでしょうか?質問されても答えるとなると悩んでしまいます。
今回は【防犯カメラと監視カメラの目的の違い】をご紹介しています。
 
設置目的の違いが大きいです。防犯目的とは犯罪を防ぐことです。監視目的とは、警戒して見張ることです。
防犯カメラを設置するのは犯罪が発生して欲しくない箇所へ設置されます。
 
一方の監視カメラは防犯だけでなく、社員・従業員の勤務を監視する目的もあります。
防犯カメラは犯罪を未然に防ぐ目的がありますが、監視カメラは犯罪を防止するよりも
「監視」がメインの目的になります。
 
 
では、防犯カメラと監視カメラの特徴をご紹介します。
その特徴の違いによって、相違点の理解は深くなると思います。
 
防犯カメラの特徴
 
防犯カメラの特徴は抑止効果が欲しいので、犯罪者に撮られているのではないかと思わせないといけないです。
まずは「カメラがありますよ」と言うプレッシャーを与えることが大事です。
それにはカメラを目立たせることです。
 
犯罪者はまずは周囲の視線を常に意識します。
誘拐・恐喝・窃盗・泥棒などの心理です。
防犯カメラの大きなレンズが自分に向かっているとどうでしょうか?
敢えてそんな場所で犯罪をすることはしません。証拠として残るからです。
 
このような人間の心理を利用しているので、最近はフェイク型のカメラもあります。
実際には録画機能がなくて人がカメラの前を通ったときにライトが点滅するようなものです。
 
防犯カメラは、相手にそのカメラの存在を気付かせることが大事なポイントになります。
ライト機能がついたり、比較的大きなモデルが多かったりするのが特徴となっています。
 
 
 
監視カメラの特徴
 
監視カメラの場合は防犯カメラと異なって犯罪抑止よりも、ターゲットを監視する必要があります。
監視カメラの存在は逆に目立たないほうがいいのです。
比較的サイズは小さめで隠れた場所で設置されているケースが多いです。
 
そんなところにカメラがあったの……そんな場所に設置されます。
監視カメラでも犯罪の決定的瞬間を撮影できます。
24時間体制で監視していることが多いです。
防犯カメラのようなダミーカメラは設置されることはないです。
 
テレビドラマや映画で社内の犯罪で公開されるのは監視カメラ映像です。
監視カメラの性能が飛躍的に良くなっています。
犯人の顔は従来のモデルよりも、くっきり鮮明に撮影されることができます。
最近の犯罪でも監視カメラの映像から事件解決になっているケースが非常に多いです。
 
大地震が発生したときも、それぞれの放送局は各地の様子をリアルタイムでご覧いただけることがあるでしょう。
監視カメラがあるからです。監視カメラは防犯だけでなく、防災やライブカメラとしての機能もあるのです。

防犯カメラ

監視カメラ